このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[638] 難病の方に対する訪問看護。しかし既に介護保険の限度額は一杯。その状況下において自己負担が少なく済む方法を模索しています。
日時: 2017/08/04 13:51
名前: 訪問療法士 ID:ac2J9PR2

訪問看護ステーションに在籍し、リハビリ(訪看T5)に従事しています。

対象者は難病(厚労大臣が定める疾病等ではない)の方です。
要介護認定、指定難病医療受給者証、身体障害者手帳(但し等級は低い)の交付は既に受けています。

今回新たに、主治医よりリハビリテーションの指示が出ました。
当方の実地調査も既に終え、その早急な必要性はケアマネジャーも合わせて3者が認めています。

ただし主として3つの課題を抱えています。

@ 現状で介護サービスは限度額のほぼ一杯まで利用中。それらのサービスを削ることは難しい。

A 通院(外来リハビリ)出来ないことないが、心身にかかる負担が強く、訪問を希望している。

B 周辺の通所リハビリに空きはない。

上記の場合に、対象者の金銭的自己負担が極力、少なく済む案はないでしょうか?
また類似も含む実践例はないでしょうか?

ご教示ください。


※ 当初は指定難病医療受給者証を上手く活用できればと考えましたが、厚労大臣が定める疾病等以外
  ですので、訪問看護は介護保険の摘要となることは理解しています。

※ 限度額超過分を何かしらの公費で賄えないか検討し、都道府県の担当者や保険者、職能協会には
  問い合わせましたが、3者3用の回答(公費で賄える、賄えない、など)で的を得ない状況です。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

他の助成制度はないと思う ( No.1 )
日時: 2017/08/04 18:31
名前: masa ID:xnRjllCo

厚生労働大臣の定める疾病ではないので、介護保険訪問介護の対象ですから、公費助成もなく、支給限度額を超えたぶんは自己負担する以外ないのではないでしょうか。
メンテ
介護保険である必要は? ( No.2 )
日時: 2017/08/04 21:13
名前: ケアマネナース ID:lX/2lhkQ

病名にもよるので詳しい病名を教えてほしいが訪問看護以外のサービスを利用する予定がなければ介護保険を取り下げて医療保険利用したり障害者総合支援法の難病によるサービスの組み立てを検討したら?
介護保険以外の制度を利用するために介護保険が邪魔であるなら相談支援専門員からの話も聞いて検討してみてもよいのでは?
メンテ
該当しない可能性が高いとは思いますが。 ( No.3 )
日時: 2017/08/05 12:29
名前: 在宅ケアマネ ID:6uUYk46k メールを送信する

当市では、一定条件下で、訪問介護のサービスに対し、障害福祉サービスを上乗せする事ができます。
ヘルパーを障害サービスでまかなう事で、他の介護保険サービスの枠が広がり、必要な医療サービスを受けられるようになったケースもあります。
身体障害者手帳の等級が低いとの事なので、該当するかは分かりません。
また、一定条件は、市により異なるので、問合せが必要と思います。
メンテ
特別訪問看護指示書で,医療保険扱いする ( No.4 )
日時: 2017/08/08 13:08
名前: レノア ID:0ovlJxmI

1.主治医に特別訪問看護指示書を発行してもらい、指示から2週間分の請求を、医療保険(訪問看護療養費)にする
2.その特別指示書のなかで、指定難病医療受給者証の対象病名に対して、リハビリテーションの必要性を明示してもらい、難病公費対象にする。
※訪問看護療養費に難病公費が適応になるかどうかは、保険者によって差があるので、この対応が可能か、必ず事前に確認が必要です。
気管カニューレや真皮に達する褥瘡が無ければ、1ヶ月最長2週間が限度で、利用者負担軽減策としては弱いです。また、当たり前のことですが特別訪問看護指示書の発行や内容は主治医が判断することですので、介護職員が判断できることではありません。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成